Text Size : A A A
Img_8561557a2589c41dd94188a1e6b43536

結句、
他者のくるしみに無関心ならば、その生は孤独なままなのです。
己のかなしみには、頗る敏感なのに。

いくばくかの答えになりましたか。




















Img_5c44573ff21e6cf1b52fb9e37c343378

みなさま、どのようなお休みをお過ごしなのでしょう。
11月4日(月・祝)は通常営業をいたします。
どうぞお立ち寄りくださいませ。



















Img_911af59d602edfa8c4087decf8bfbb87

秋が訪れ、正倉院の宝物の御開陳が始まった。

さてと。
わたしのたからものを、ひとつひとつ数えておく。
たくさんある。
ぼんやりしていたならば、指の間より、するすると滑り落ちゆく儚いものたち。
散逸せぬよう、たいせつにあたためる。

そういう機会だとおもっている。





















Img_ba8ca9c7214d5d2669e5f654ff317725

様々な方から、お気に入りのレシピを教えていただく機会が多い。
それには決まって忘れ難い過去も重なっていて、
アルバムの頁をそっと広げるように丁寧に手順を伝えてくださるのだ。

江戸末期生まれのハイカラおばあちゃまが作ったという「パンケイク」(発音も本場仕込み)。
明治生まれの祖父が植えた庭の檸檬をもぎ取り、亡き母が拵えた甘い甘いレモンケーキ。
声を耳にしながら、ペンを走らせると記憶の中の風景も一緒に眺めている心地になる。

今日の林檎ケーキは、イギリスのコッツウオルズ地方に長く暮らした方のレシピ。
卵をしっかり泡立て、型から溢れるほどの林檎をほんの少しの粉で繋ぐ滑らかな仕上がり。
ふんわりと笑って、ポットには必ずたっぷりの紅茶を用意してね、と。

もうそのひとはいない。
オーブンから立ちこめる香りに、きれいな銀髪に見惚れ乍ら話を聞いたあの午後が透けて見える。