Text Size : A A A
Img_f2a0bad9750861fbdcb5bea8217ab896


さわやかさ弾ける初夏の実りと緑、が御題なのに、
束ねていくと、アルチンボンドの絵画風なのであった。

やはり、中世が性分と思われます。
























































Img_12ac5ac1adc12db2bdf5e700fac85853


山より、枇杷。
産毛に包まれた果実は、いつも雨の薫りを携えてくる。















































































Img_d47f1fab3579b21cdfb33790164bc8f4



爽やかな酸味は、初夏の訪れ。
ニセコ町から、すらりと伸びたルバーブが到着。


























































Img_44fcd1229b901a18f9711f409ffed141



北方、梅雨のない国のハイドランジア。

日本の花樹は、豊かな雨を得て美しく生きる種が多いですね。