Text Size : A A A
Img_dda26546064d18fd2ac98b1c0e610b68

ある風景が、ふいに軽やかに蘇り、ふと立ち止まる。
苺は、きっと万人の記憶のきっかけになっている果物には違いない。

揺るぐことなどない幸の中で息をしているのは、常春の色と曲線と、その紅い薫り。