Text Size : A A A
Img_a7fe892a3c38e462df7146cea5b951da

営業最終週となりました。
24日(月・祝)、25日(火)は開店いたします。

降誕祭の音楽のお決まりは、バッハのマタイ受難曲。
全曲約3時間の構成ということもあり、普段は通しで針を落とすのは稀です。
早逝したオルガニスト、リヒター版とユダヤ人指揮者クレンペラー版。
解釈の全く異なる二人の演奏を聴いているとあっという間に日が暮れてゆく。

基督者ではありませんが、不心得の心にも「メメント・モリ」の戒めは横たわっているのです。
皆さまにとってのこの日は、どのようなものなのでしょうね。