Text Size : A A A
Img_da26c9b498eff0cbb952391682b6a201


こんこんと湧き出 此処は
鶴が羽を休めし 湯屋とかや 
落武者の身を温めし 湯屋とかや

仕舞屋の軒せり出す一本道に
尾の太き猫 悠然と去る

男衆の歓声 女子衆の嬌声
主は今いずくなりや

かんばせに雨滴 それは玲瓏玉
曰く 透明であれ、と
山の菫の申すやう。