Text Size : A A A
Img_3ead34b99af70d4c25707815392d4428

茂道の港を背に、山道を登って後ろを振り返れば、不知火海を望む蜜柑、蜜柑。
たわわに実っておりました。
そして道脇には、どんぐりのように摘果がごろごろ落ちている…。

暦は弥生。
テーブルの上には、柑橘のお菓子が並んでいます。
春が、ほんのり透けて見えるような。