Text Size : A A A
Img_1f8c92e7ce4dd5477ec9a552470c4fd6

芍薬の花弁の隙には、梅雨の匂いが濃く蹲っていて、ふわりふわりと四方に靄がかかるよう。
大地潤う水無月が、まもなく訪れるのですね。