Text Size : A A A
Img_911af59d602edfa8c4087decf8bfbb87

秋が訪れ、正倉院の宝物の御開陳が始まった。

さてと。
わたしのたからものを、ひとつひとつ数えておく。
たくさんある。
ぼんやりしていたならば、指の間より、するすると滑り落ちゆく儚いものたち。
散逸せぬよう、たいせつにあたためる。

そういう機会だとおもっている。