Text Size : A A A
なぜ、この仕事に進んだのか、というお尋ねをよくお受けします。
ここで、昔話をおひとつ。

20才そこそこの私は、重度のシュガーホリック(砂糖中毒)でした。
どれほどかといいますと、市販の大袋のクッキーをぺろりと平らげ、間髪いれずに甘いパンやケーキを2,3個胃に収め、やっと落ち着くのです。
何かに急かされるように甘いものを次々と口に入れていました。

気分の激しいアップダウンと、身体のだるさ、冴えない顔色に、消えない吹き出物。重い身体。付け焼刃の健康法に手を出しては挫折・・。
体調の悪さに悩まされ、悶々とした身体を抱えてずいぶん長いこと過ごしていたある日、図書館で手にした東洋医学書がすべてのはじまり。
お恥かしいことに、それまでの私は、食物が身体をつくるという真実にとんと無頓着でありました。
砂糖に中毒性があるということも。

華やかな生クリームたっぷりののケーキを食べた後、きまって具合が悪くなった訳。
市販の揚げ物を食べた夜、頭が痛くなった訳。
喉が焼け付くほどに甘いものを食べると、塩辛いものが食べたくなる訳。
それには明らかな理由がありました。身体は一生懸命にサインを出していたのです。
何て賢いのでしょう、身体は。
そのことに、素直に感動し、深く反省。
毎日の食事、飲みものを少しずつ改善する毎日が始まりました。

市販のお菓子が甘すぎることにやっと気づき、手作りし始めたのもこの頃。
そして、実際に泡立て器を握って知った真実にびっくり!
世のお菓子は、あふれるほどの白砂糖と油で作られていて、皆当たり前のように食べている・・。
台所に立ち尽くしたのを覚えています。

しかしながら、根っからのお菓子好き、甘いものからの完全な卒業は身を切られるように辛いことでした。
身体や味覚と程よく折り合いをつけられる甘みの菓子を、試行錯誤。
もくもくとこしらえては、せっせと消費。
半年が経過する頃、体重は10kg以上落ちていました。

この時から、様々な甘さの世界に魅了され、現在に至ります。
洗双糖に始まり、てんさい糖やメープルシロップ、麦芽シロップ、玄米水飴に米水飴。はちみつも。
肌の調子がすぐれない時は、はと麦水飴やきび水飴を。どれを選ぶかは体調に応じて変えるのです。

バターは使う?うーん、今日はちょっと身体が重たいし、なたね油で作ろうか。卵も今日はやめておく。
焼きこむ果物は、ぎゅっと甘みを閉じこめたいな。米飴よりは、メープルシロップでマリネしておこう。
だいぶ気温もあがってきたから、少しだけ陰性でも大丈夫そう。

こんなふうに、食べた後も軽やかでいられるよう、ひとつひとつレシピを決めています。
食養生のあれこれを、痛烈に体感したからこそ、作り続けていられるのかもしれません。

たくさんの情報で満ちているこの世の中、忘れてはならないのは、生身のからだに耳を澄ませていることだと。



Img_3fe536e4fdc642b4f7aed9b942e619a9