忘れて下さってよいのです。

思い出すことを手放さなければ。

いちめんにうずくまる、すてられた記憶に触れていられるならば。

音曲を失っても、喉仏を震わせるところから始めたらよいだけのこと、か。              明解。