いつもありがとうございます。

諸事情により、9月30日(金)は臨時休業いたします。どうぞご了承下さいませ。

おおきな嘘をつく存在に、ゆめゆめ絡め取られることなど無きように。

いちばん大切にしなければならないものはどの世でも変わりませぬ。

どうか間違えないで。

ぼちぼち、木の実のキャラメルクッキーが常駐です。

蜂蜜をたっぷり使うキャラメルのため湿気に弱く、夏場に拵えるのはひかえておりました。

秋来ぬ。お待たせ!

折に触れ、ぽんっと届くニュースレターは、あれこれとお世話になっている熊本県水俣市にある相思社から。移り変わる水俣の空気がきゅっとつまってます。相思社HP 

職員さんが参加される近々の催しを皆さまにもお伝えしたく。関西で現場の声を聞ける機会です。

私が敬愛する土本典昭監督のドキュメンタリー映画も上映されますよ。博識の論客、葛西伸夫さんのお話も必聴です。以下本文より。

『滋賀県の大津市で開催される「水・未来ムーブメント2022」のフォーラムに
相思社の葛西が登壇いたします。
基調講演に続き、パネリストの方々とのディスカッションも行います。
午前と午後に土本典昭の「患者さんとその世界(2時間版)」の上映会も行います。
映画だけでも、フォーラムだけでも、両方でも、ご参加ください』

日時:2022年10月1日(土)
会場:スカイプラザ浜大津7Fスタジオ1
料金:上映会:1000円 フォーラム:500円
     上映会+フォーラム:1300円
(当日は+100円、大学生半額、高校生以下無料)
プログラム:映画上映会:10:00~12:00 12:30~14:30
フォーラム:15:00~17:00

概要と予約はこちらからどうぞ→

水・未来ムーブメント「水俣映画上映会とフォーラム」 開く

移動販売車でやって来たとれぴちの不知火海のお魚たち。この日のお勧めはぎらりと光る太刀魚。

彼らに罪はなかったのに。

最近、はな子嬢の武勇伝には新たに「野良猫の侵入を一喝して退けた」という一項が付け加えられたのであった。

月明のひがん花森に似て地下の宴

          石牟礼道子

生身で居られる時は存外に短い。うかうかしてる間に闇。